DUO クレンジングバーム ニキビができる

ニキビができるのはDUOクレンジングバームの使い方が原因かも

ニキビができるのは使い方が原因かも?スキンケアを見直そう

 

DUOクレンジングバームを使ったらニキビができる、という口コミが少なからずあります。この様な人の中には、化粧水をつける前の肌に、洗い残しを心配する声が多かったです。

 

しかし、DUOクレンジングバームの洗い上がりに関しては、しっとり感が保たれた状態が正解だと記載されています。

 

このしっとり感と、洗い残しの感覚の違いが、はっきり分からない人も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

洗い流しが不十分ですと、毛穴が詰まってニキビができる原因になりますよね。また、洗い残しが心配でW洗顔をすると、皮脂を余計に落としてしまう事に繋がります。

 

その結果、皮脂が過剰に出てしまい、新しくニキビができてしまった、という事になりかねません。

 

DUOクレンジングバームを使う事で、クレンジング、洗顔、マッサージケアが1度で済み、おかげで、必要な皮脂を洗い流さないでスキンケアできるのです。

 

それなのにニキビができるとなると、もったいないですよね?そんな時は、スキンケアの方法を見直してみましょう。

 

使い方を見直そう

 

まずは、DUOクレンジングバームの使い方です。

 

マッサージ力も期待して、くるくるマッサージするのは良い方法なのですが、貴方の肌には刺激が強すぎるのかもしれません。
バーム状だからといっても、お肌の状態に合わせて指の力を弱めたり、時にはマッサージをせずに使ったりもしてみましょう。

 

物足りないかもしれませんが、乾燥肌を立て直すには、1ヶ月ほど続けてみないと分かりません。

 

いつもニキビができる癖のある部分は、避けて使っても大丈夫ですので、試してみて下さいね。

 

最後に、ニキビができる部分と角栓が気になる部分にはより一層、化粧水をいつも以上にたっぷりとつけてあげて下さい。

 

乾燥性敏感肌の人にはハンドプレスを奨めますが、使える人はコットンの方がムラなくつきますので、お奨めします。

 

クレンジングの逆で、化粧水はいつもの3倍を目安に、たっぷり、ひたひた、モチモチになるまで、つけて下さいね。

 

その後の乳液は、いつもと同じ分量で大丈夫です。この様に、化粧品を変えたら、その前後を見直す事はとても重要な事です。

 

一度、試してみて下さい。

 

 

 

>>返金保証つきで買えるページをみる